My RC Style!

ラジコン競技の魅力をお伝えします!

レース用ボディー‼︎

今年用にレース用ボディーを塗って貰ったので今回はレース用ボディーについて☆

 

 

f:id:Anahara:20210125213904j:image

 

 

 

 

練習用とレース用何が違うの?

 

 

 

 

 

 

 

単色か柄有りかだけでしょ?

 

 

 

 

 

 

 

って思う方も多いかと思いますが、スプレーで拭く単色塗りとエアブラシで拭く柄ありボディーって同じボディーでも結構動きが変わるんです。

 

 

 

f:id:Anahara:20210125213950j:image

 

 

 

 

 

レースに出ている方だったらレース当日レース用の綺麗なボディーに変えたら調子悪くなったって事ありませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

同じボディーでも動きが変わる要素は幾つかあるんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

はい、かなりマニアックな内容です(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは重さです。

 

 

 

 

 

 

 

これはなんとなく想像つくのではないかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

単色塗りよりも色んな色を重ねて塗ったボディーの方が大体重くなります。

 

 

 

 

 

 

 

ボディーは重心の一番高い部分、重心の一番高い所の重さが変わる訳ですから少しの変化でも動きにかなり影響してきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

重くなればロール量も増えるし軽快感は無くなる方向になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、プロのペインターさんはそこがちゃんと分かっているので凄く薄く塗って軽く仕上げてきます。

 

 

 

 

 

 

これはホントに芸術品ですよね。

 

 

 

 

 

 

自分のずっと塗って貰っているトヨペも超軽く仕上げてくれます。

 

 

f:id:Anahara:20210125214056j:image

 

 

 

 

 

ボディーペインターさんのこの技術はホント凄いな‼︎っていつも思います。

 

 

 

 

 

 

 

そしてもう一つの要素は塗料の違いです。

 

 


 

 

 

 

塗料の種類によって乾いた時のボディーの硬さが違うんです。

 

 

 

 

 

 

はい、スーパーマニアックな内容ですね(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

傾向としてはスプレー缶で塗ったボディーは硬めに、エアブラシで塗ったボディーは柔らか目になりやすい気がします。

 

 

 

 

 

 

勿論塗料メーカーによってここは変わってきますので必ずこの傾向になるとは言えませんがこれでも車の動きは変わってくるんです。

 

 

 

 

 

 

 

硬いボディーはパキパキ動き、初期反応が増します。

 

 

 

 

 

 

 

逆に柔らかいボディーはマイルドに動きます。

 

 

 

 

 

 

こんな所でも違いが出てしまうんですね〜

 

 

 

 

 

 

 

 

そして最後の要素、これが実は一番影響大きかったりします。

 

 

 

 

 

 

 

 

それは綺麗なボディーを使う事でぶつけないように運転が丁寧になる事です(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

今迄攻めていたコーナーを攻めなくなります(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

これは良い方向、悪い方向どっちにも影響します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは良い方向、運転が丁寧になるのでミスは減ります。

 

 

 

 

 

 

そして悪い方向、攻めなくなるのでタイムは出なくなります。

 

 

 

 

 

 

それではこれらの対策方法です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずボディーの重さと硬さ、これをやる人は超マニアックだと思います(笑)

 

 

 

 

 

 

 

重さと硬さを同じにする為に単色塗りと柄塗りを同じメーカーの塗料を使います。つまり単色塗りもエアブラシでやるということですね。

 

 

 

 

 

 

そして柄塗りボディーの重さを測っておき、単色塗りもそれと同じ重さになるまで重ね塗りをします。

 

 

 

 

 

ここまでやれば細かい事を言わなければほぼ同じ重さと硬さになります。

 

 

 

 

 

それでも100%では無いですがキリがないのでこれ以上は言いません(笑)

 

 

 

 

 

ていうかここまでは自分もやりません(笑)

 

 

 

 

エアブラシ持ってないし(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてもう一つの対策方法、これが一番現実的です。

 

 

 

 

 

 

 

 

それはレース用ボディーをレース前に使っておく事です。

 

 

 

 

 

 

 

レース当日はもう練習走行からレース用ボディーを使って慣れておきます。

 

 

 

 

 

 

 

前日に練習出来る時は前日からレース用ボディーを使っておきます。

 

 

 

 

 

 

 

そして1回くらいぶつけたりコケたりしてしまえばもう攻められるようになります(笑)

 

 

 

 

 

とにかくレース用ボディーに慣れておきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

単色ボディーでそのままレース出れば良いじゃん‼︎って言ってしまえばそれまでですがね(笑)

 

 

 

 

やっぱり自分のパーソナルカラーを決めてそれで走るとテンション上がりますからね♬

 

 

f:id:Anahara:20210125214219j:image

 

 

 

 

是非自分色を出してみてください☆

 

 

 

 

f:id:Anahara:20210125214028j:image

 

 

 

 

今年セッティング走行編

今回は前回紹介した妄想セットの確認編です。

 

 

前回の記事はこちら↓

 

https://anahara.rcsports.info/entry/2021/01/18/201827

 

 

 

セットの確認をするにはレースに出るのが1番‼︎

 

 

 

という事で妄想セットでぶっつけ本番レースに出てきました。

 

 

f:id:Anahara:20210119130739j:image

 

 

 

しかも今年の走り初めめです!

 

 

 

 

 

 

走り初めでいきなりレースです‼︎

 

 

 

 

 

 

しかもセットは全く走った事のない妄想セット‼︎

 

 

 

 

楽しみですね〜(笑)

 

 

 

 

レースはRCスタジアム袖ヶ浦さんの月例レース第1戦です。

 

 

f:id:Anahara:20210119130813j:image

 

 

ストッククラスでも強者が多いそこそこレベルの高いレースです。

 

 

 

 

 

コースに到着してとりあえず少し時間があったので走れるかの確認をしてみます。

 

 

 

 

 

まともに走れなかったら周りを巻き込んで迷惑かけてしまいますからね(汗)

 

 

 

 

 

とりあえず路面はまだ良くないものの普通に走れたのでバランスはそこそこ取れているようです。

 

 

 

 

このまま予選1回目に出てみます。

 

 

 

 

 

 

 

予選1回目スタート‼︎

 

 

 

 

 

 

 

慣れない車の動きと正月ボケでとりあえず1回コケます(笑)

 

 

 

 

 

 

フロントの入りは悪くないもののリヤが若干つっぱります。

 

 

 

 

 

 

 

スプリングが硬くなった分キャンパー変化量を増やしてつっぱり対策はしたつもりでしたがまだ足りていないようです。

 

 

 

 

 

 

時間もないのでとりあえずリヤスプリングをAXONの2.7から2.65に変えてもう少しリヤを動くようにだけして予選2回目に挑みます。

 

 

f:id:Anahara:20210119130908j:image

 

 

 

最近の袖スタAメインボーダーである18周にはなんとか入りました。

 

 

 

 

 

 

 

と、一安心していたらなんとミスターイレブンの11位でした(笑)

 

 

 

 

 

 

 

今回のAメインボーダーは18周のシングル‼︎

 

 

 

 

 

 

袖スタレースどんどんレベルが上がっています(笑)

 

 

 

 

 

 

 

肝心のセット変更の効果はというと、リヤが動くようになった分蹴り出し感が減り、結果イマイチ…。

 

 

 

 

 

 

 

周りの上位陣が16秒台に入れている中17秒フラット止まりです。

 

 

 

 

 

 

時間もないのでこのまま決勝へ。

 

 

 

 

 

 

今回のセットの目的は1周目からガンガン攻めれるようにする事でもあるので、これは決勝レースで確認出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

2台勝ち上がりもあるのでスタートから攻めの走りをしてみます。

 

 

 

 

 

 

そして決勝スタート‼︎

 

 

 

 

 

 

上位3台が抜け出て、とりあえずその中2番手の位置で落ち着きます。

 

 

 

 

 

上位2台が勝ち上がりなのでこのまま順位をキープすれば良いのですが、トップゴールしたいという悪い欲が発動して、更に攻め始めます(笑)

 

 

 

 

 

 

 

そして、ゼブラに乗りダイブ‼︎‼︎‼︎

 

 

 

 

 

 

ん?

 

 

 

 

この光景どこかで見た事ある気が…

 

 

 

 

 

はい、KAZUKU CUPの時と全く同じ場所です(笑)

 

 

 

 

 

人間全然進歩していません(笑)

 

 

 

 

 

 

しかも今回は場外までぶっ飛んでいきました(笑)

 

 

 

 

 

 

進歩どころか退化していますね…。

 

 

 

 

 

 

当然ここから勝ち上れる訳もなくここで終了です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁ今回の妄想セット確認の目的は果たせました。

 

 

 

 

 

 

 

結論から言うと1周目から攻められる車にはなっているのでここはOKです。

 

 

 

 

 

後は、もう少し綺麗なリヤ旋回出来るようにしてラップタイムが上がるようにする事が課題ですね。

 

 

 

 

 

セッティングの出来は70点くらいかな?

 

 

 

 

 

 

 

人間は退化していました(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな感じでぶっつけ本番レースでの妄想セットの確認は完了です‼︎

 

 

 

 

 

 

また更にここから妄想開始です(笑)

 

 

 

 

 

あー楽しかった♬

 

 

 

 

 

レースにはこんな楽しみ方もあります。

 

 

 

 

 

 

 

よく勝てないからレースに出ないという話を聞きますが、勝つ事だけがレースの目的では無いんです。

 

 

 

 

 

勿論勝てれば嬉しいですがね。

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さんも是非色んな目的を持ってレースに出てみてください。

 

 

 

 

 

 

絶対楽しいですよ☆

 

 

f:id:Anahara:20210119131410j:image

 

 

レース最高‼︎‼︎

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年セッティングの方向性を考える

 

 

 

今回の内容は今自分が考えているセッティングの方向性のメモ的な内容です。

 

 

 

 

f:id:Anahara:20210118201639j:image

 

 

 

正しいかどうかもわからないので軽く流してください(笑)

 

 

 

 

 

妄想セットってやつですね。

 

 

 

 

 

 

だいぶ熟成が進んできたTF7.7なんですが、練習走行の時までは絶好調なのにレースが始まるとあれ??ってい事が今迄に多々ありました。

 

 

 

 

 

 

まぁ勿論人間的要素は大きいんですがね(笑)

 

 

 

 

 

 

 

そこを車のセットで何とかするのがラジコンの楽しさでもあります。

 

 

 

 

 

 

そこで考えた今回の妄想セット‼︎

 

 

 

 

 

 

 

ここ最近は柔らかめの足回りのセットを好んでいたのですが、レースになると大体路面グリップは下がります。

 

 

 

 

 

 

 

 

練習路面ではタイムの出る柔らか目の足回りはグリップの下がったレース路面ではトラクションが足りなくなり運転が難しくなる事が多くあるんです。

 

 

 

 

 

 

 

そこで今年セッティングの方向性は路面グリップが下がった時でもトラクションがしっかりかかるセット‼︎

 

です‼︎

 

 

 

 

 

先ずはスプリング。

 

 

 

ここ最近はAXONの2.5や2.4-2.7のプログレッシブを主に使っていましたが、2.7を基準にします。

 

 

 

f:id:Anahara:20210116210020j:image

 

 

 

スプリングだけ硬くすればトラクションは上がるもののツッパって曲がらなくなるのは目に見えています。

 

 

 

 

 

そこでサスブロックをサスピンが内側に寄る方向にアルファベットを変えていきます。

 

 

 

 


前回アウトCから前後インBに変更です。

 

 

 

 

 

 

TFユーザーさん以外は何言ってるか分からないでしょうね(笑)

 

 

 

 

 

3段階サスピンを内側に寄せる方向でサスブロックを変えたって事です。

 

 

f:id:Anahara:20210116210046j:image

 

 

 

 

 

サスピンを内側に寄せていくとスプリングを余り潰さずに使う方向になります。

 

 

 

 

 

 

続いてリヤ側。

 

 

 

 

 

 

フロントと同じ事をやろうと思っていたのですが、もう既にサスピンは限界まで内側に寄せられているではないか‼︎‼︎

 

 

f:id:Anahara:20210116210110j:image

 

 

 

 

という事でサスピンはもう内側に寄せれないのでナックル上のピロポールの下に05mmのシムを追加しました。

 

 

f:id:Anahara:20210116210127j:image

 

 

 

 

これはキャンバー変化量が増える方向になり、スプリングが硬くなった分リヤに荷重がかかった際に、キャンバーが増えてリヤトラクションが綺麗に抜けてスムーズなリヤ旋回になる事を狙ってみました。

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと難しいですね....。

 

 

 

 

 

 

簡単に言うとリヤがツッパリ過ぎず綺麗なリヤ旋回出来る様にしようという事です。

 

 

 

 

 

 

 

そんな感じで妄想セット完了です‼︎

 

 

 

 

 

 

 

 

次回は妄想セットでいきなりレース編です(笑)

 

 

 

 

 

 

 

お楽しみに〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

TwisterをJMレギュに通すには?

今流行りのYURUGIXから出ているTwisterですが、普通に載せるとJMRCAレギュレーションに通らないの知ってます?

 

 

f:id:Anahara:20210108150508j:image


普通に載せると以下の2つのレギュレーションのどちらかに引っかかってしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

4 ボディ下部のカットラインは、サイドドアの下限線を残す。また後部のカットは、車両全備静止状態で地上 45mm 以下とする(車体を高さ 15mm のブロックの上に水平に置いた状態で測定)。

14-2-6 全 高
車両全備静止状態でボディのルーフ (天井部の加工などは認められない) は、車体を高さ15mm のブロッ クの上に水平に置いた状態で測定し、地上から 125mm 以上であること。エアーインテークなどはルーフには含まない。ルーフの高測定点 (最も高い位置) にステッカー、デカールを貼ってはならない。

 

 

 

 

 

 

 

これら両方のレギュレーションを通す為にはボディーを前出しするしかありません。

 

 

 

 

 

標準位置から6mmから8mmボディーを前に出せば2つの条件をクリヤー出来るようになります。

 

 

自分は確実にレギュを通す為に8mm前に出しています。

 

f:id:Anahara:20210107164520j:image

 

フロントホイルアーチの中にある線の一番後ろにタイヤの中心位置を合わせます。

 

 

 

 

 

 

ボディーの前出し基準はフロントで決めます。

 

 

 

 

 

 

 

それに合わせてリヤーのホイールアーチの中心を合わせるとこんな感じです。

f:id:Anahara:20210107164458j:image

 

 

 

 

 

ボディーを前に出す事でフロントの高さを若干上げられ、逆にリヤの高さは若干下げられるので、ルーフとリヤのカットラインの両方をレギュレーションに合わせられるようになります。

 

 

 

 

 

 

因みにリヤのカットラインは標準位置ではなく、折り曲がっている所ギリギリで直線を引き切ります。

 

 

f:id:Anahara:20210107165206j:image

 

こんな感じです。

 

 

 

 

 

 

 

標準カットラインで切ってしまうと何をやってもレギュレーション通らないボディーになってしまうので注意です。

 

 

 

 

 

 

 

それではレギュレーション確認してみましょう。

 

 

 

 

 

まず15mmのブロックは無いので車高を5mmに合わせます。

 

f:id:Anahara:20210107172449j:image

 

 

 

この状態で後部のカットラインのが地上35mm以下、ルーフの高さが115mm以下になれば良いわけです。

 

 

 

 

 

 

15mmのブロックより10mm低い位置で計測しているのでそれぞれのレギュの値から10引けば良いんですね。

 

 

 

 

 

 

 

リヤのカットライン

f:id:Anahara:20210107172830j:image

 

 

 

 

 

 

ルーフの高さ

f:id:Anahara:20210107172855j:image

 

 

どちらもOKです‼︎



 

 

 

 

 

これでTwisterで全日本選手権出れます‼︎

 

 

 

 

 

 

全日本出ない人には全く関係ないネタです(笑)

 

 

 

 

 

 

正直自分もボディーの前出し好きじゃないんですよね〜

 

 

 

 

 

 

 

カッコ悪いし(^^;;

 

 

 

 

 

 

 

因みにTwisterスペシャルなら前出ししなくて大丈夫なようです。

 

 

 

 

 

 

スペシャル使おうかなぁ〜⁉︎

 

 

 

  

 

 

 

 

 

ターンバックルの使い分け

今回はターンバックルの使い分けについてです。

 

f:id:Anahara:20210105170400j:image

 

 

 

 

 

使い分け??

と思われる方も多いかと思いますが、ターンバックルの材質で車の動きは結構変わるんです。

 

 

 

 

 

 

 

自分は純正品とAXONのFUSHIN AUL TURNBUCKLEを使い分けています。

 

 

f:id:Anahara:20210105170657p:image

 

 

 

 

 

これら2つはどちらもアルミ製なのですが、同じアルミでも硬さが全然違うんです。

 

 

 

 

 

 

まず純正品は柔らかめです。

 

 

 

 

 

ターンバックルの材質が柔らかいと適度なしなりで力の逃げが生じ、車が丸く曲がるようになります。

 

 

 

 

 

運転は楽になる方向ですね。

 

 

 

 

 

これはハイグリップなカーペットコースや屋内アスァルトコースに有効です。

 

 

 

 

 

 

カーペット仕様のアルミシャーシカーには純正ターンバックルを使っています。

 

 

 

f:id:Anahara:20210105171516j:image

f:id:Anahara:20210105171553j:image

 

 

 

何かつのが生えていますね〜

これに関してはまた今度(笑)

 

 

 

 

 

 

路面グリップが高くて車がグキグキ動き過ぎて運転が難しくなり易いシチュエーションの時にお勧めです。

 

 

 

 

 

 

逆に余りグリップの高くない屋外アスファルトコース等では少し物足りない事も。

 

 

 

 

 

 

 

そんな時に威力を発揮するのがAXONのFUSHIN AUL TURNBUCKLEです!

 

 

f:id:Anahara:20210106124200j:image

 

 

 

 

このターンバックルは同じアルミ製でもかなり硬いんです。

 

 

 

 

 

 

 

アルミの軽さと鉄のような硬さを両方持ち合わせた優れ物です。

 

f:id:Anahara:20210107124515j:image

 

 

 

 

軽いのに硬い‼︎

 

です。

 

 

 

 

 

 

軽さによる軽快感はそのままに硬く力が逃げない分バキバキ曲がってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

タイヤの面圧も上がるのでグリップ感も上がります。

 

 

 

 

 

 

 

同じアルミのターンバックルで本当にそこまで変わるの〜?

 

 

 

 

 

 

 

って思うかもしれませんが付け替えて走り比べてもらえれば絶対に分かると思います。

 

f:id:Anahara:20210107124313j:image

 

是非自分の好みの動きになるターンバックルを見つけてみてください(^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年も宜しくお願い致します!

明けましておめでとうございます

 

f:id:Anahara:20210104180614j:image

 

 

 

去年終わりからそれとなく始めたブログですが、思った以上に反響があり、やり甲斐を感じています。

 

 

 

 

 

 

 

今年も個人ブログとして、少しでも多くの情報とラジコンの魅力をお伝え出来たらと思いますので、見て頂けたら嬉しいです♬

 

 

 

 

 

 

毎年恒例年末年始はラジコンから少し距離を置いた生活をしていました。

 

 

 

 

 

 

一年中ラジコン漬けの生活になる自分にとってこのラジコンから離れる時間が重要なんです。

 

 

f:id:Anahara:20210104182255j:image

 

 

 

 

 

一度リセットしてまた新しいアイディアをどんどん出していきますよ‼︎

 

 

 

 

 

 

f:id:Anahara:20210104182654j:image

 

 

 

 

 

明日から2021年活動開始です‼︎

 

 

 

 

 

 

今年も宜しくお願い致しますm(_ _)m

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ユニバーサルジョイントのメンテナンス

今回は普段行っているユニバーサルジョイントのメンテナンス方法を紹介したいと思います。

 

 

f:id:Anahara:20201226173041j:image

 

 

 

 

ユニバーサルジョイントはこまめにメンテナンスする事で長く使う事ができますよ。

 

 

 

 

 

まずはフロントのダブルカルダンです。

 

 

 

 

 

 

ダブルカルダンはTF特有の収縮チューブでピンを固定するタイプになります。

 

 

 

 

 

 

初めに収縮チューブの付いた状態で中にクリーナーを吹き付け汚れをある程度ながします。

f:id:Anahara:20201226172944j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ある程度の汚れを流したら収縮チュー部を切りバラバラにしてウエス等の上に並べて更にクリーナーを軽く吹き付け、そのままウエスで拭き取ります。

f:id:Anahara:20201226173541j:image

 

 

 

 

 

 

この時クリーナーを思いっきり吹き付けると部品がみんなぶっ飛んで行くので気をつけましょう(笑)

 

 

 

 

 

軽く吹き付けるんですよ〜

 

 

 

 

 

 

汚れが落ちたらクリーナーが乾くまで待ちます。

 

 

 

 

 

 

 

 

クリーナーが乾くのを待っている間にナックルのベアリングをメンテしていきます。

 

 

 

 

先ずはクリーニング粘土を使って汚れをとっていきます。

f:id:Anahara:20201229161319j:image

 

 

 

 

 

ここでクリーナーを吹き付けてしまうと汚れが中に入ってしまうので注意です。

 

 

 

 

 

自分はクリーナーは使いません。

 

 

 

 

 

脱脂した方が軽く回るのですが、耐久性が落ちてしまうのとグリップ感が落ちてしまうからです。

 

 

 

 

 

 

粘土の高いオイルやグリスが入っていた方がころがり感は落ちますがグリップ感が上がるんですね。

 

 

 

 

 

 

不思議ですよね〜

 

 

 

 

 

 

転がり感重視の人は脱脂してあげましょう。

 

 

 

 

 

汚れを取り除いたらRUSHのベアリングオイルを数的さして完了です。

f:id:Anahara:20201227130628j:image

f:id:Anahara:20201227130656j:image

 

 

このオイルには氷の次に抵抗の少ない成分が入っており、ベアリング内にコーティングされるようです。

 

 

 

 

 

自分は脱脂しない状態のベアリングにこのオイルをさしていますが、転がり感が上がります。

 

 

 

 

 

 

 

かつ脱脂したベアリングよりはしなやかさも残り、絶妙な転がり感とグリップ感のバランスになる所が気に入っています。

 

 

 

 

 

お勧めですよ♬

 

 

 

 

 

 

ベアリングメンテをしている間に洗浄したダブルカルダンの部品も乾いているかと思います。

 

 

 

 

 

乾いたらグリスを塗っていきます。

 

 

 

 

 

 

グリスはAXONのジョイントグリスを使用します。

f:id:Anahara:20201226205047j:image

 

 

ここに塗るグリスは色々試してきましたが、このグリスが明らかに一番消耗を抑えられます。

 

 

 

 

 

 

因みにここにオイル系を塗ってしまうと収縮チューブが膨張して走行中にピンが抜けてしまう事があるので注意しましょう。

 

 

 

 

 

 

収縮チューブを使用するタイプのTFあるあるです。

 

 

 

 

 

必ずちょっと硬めのグリスを塗ってください。

 

 

 

 

 

小さい部品はグリスのケースに入れてしまうと塗りやすいですよ。

f:id:Anahara:20201226205503j:image

ピンセットでコロコロして馴染ませていきます。

 

 

 

 

 

 

 

部品を組んだら更に上からグリスアップしていきます。

f:id:Anahara:20201227125444j:image

f:id:Anahara:20201227125523j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

グリスアップが完了したら組んでいき、最後に収縮チューブを被せ、ライターで軽く炙ります。

f:id:Anahara:20201227131936j:image

 

 

 

 

炙り過ぎ注意です‼︎

 

 

 

 

 

収縮チューブは幅15mmのものを

f:id:Anahara:20201227132131j:image

 

 

 

 

 

 

長さ10mmにカットして使います。

f:id:Anahara:20201227132235j:image

 

 

 

 

 

 

この収縮チューブは電子部品屋さんなどでも売っているのでまとめ買いしておくと便利です。

 

 

 

 

 

 

f:id:Anahara:20201227132352j:image

 

 

自分もいっぱい持ってます♬

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

収縮チューブをつけた後にベアリング側にはみ出てしまった場合はカッターで切っておきます。

f:id:Anahara:20201227132713j:image

ここが大きくはみ出ていると、ステアリングを切った際にベアリングに当たってしまい、ブレーキがかかってしまう事があるからです。

 

 

 

 

 

 

 

反対側は何もないのではみ出ていても大丈夫です。

 

 

 

 

 

 

 

Cジョイントも消耗していたら新しいものに交換してあげましょう。

f:id:Anahara:20201227133136j:image

 

 

 

 

ここの交換をケチると気が付いた時にはCジョイントが無くなっていて、スプールカップまで消耗して余計に高くつきます(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

これでフロントダブルカルダンのメンテナンスは完了です。

f:id:Anahara:20201227173830j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次にリヤーのユニバをメンテしていきます。

 

 

 

]

 

 

まず写真のようにドッグボーンの先の部分が減っていたら交換しましょう

f:id:Anahara:20201227171014j:image

ここが減ってくるとカップとのガタが出てきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガタが大きくなるってくると前に出なくなるのと左右で差が出てくると真っ直ぐ走るのに影響します。

 

 

 

 

 

Cジョイントも減っていたら交換しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

交換を怠るとフロント同様余計な出費が増える事になります(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

部品交換をしない場合はバラさすクリーナーをジョイント無に思いっきり吹きかけ圧で汚れを飛ばします。

f:id:Anahara:20201227171647j:image

p> 

 

 

 

汚れが酷い時はこの後バラしてフロント同様部品毎にクリーナーで掃除しますが、大体はバラさずこれだけです。

 

 

 

 

 

イモネジは増し締めしてあげます。

 

 

 

 

 

 

ここの純正イモネジにはゴムのコーティングがされているので、ネジロックは必要無いんです。

 

 

 

 

 

 

今迄緩んだ事ありません。

 

 

 

 

 

 

 

ゴムのコーティングが取れてきたら交換するか、ネジロックをつけてあげましょう。

 

 

 

 

 

 

クリーナーを吹き付けたら乾かします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その間にフロント同様にナックルのベアリングメンテしてあげましょう。

 

 

 

 

乾いたらRUSHのジョイントオイルをジョイント部にさしてあげます。

f:id:Anahara:20201227130531j:image

f:id:Anahara:20201227172804j:image

 

 

 

 

このオイルはベアリングオイル同様に氷の次抵抗の少ない成分がコーティングされ、超スムーズに動くようになります。

 

 

 

 

 

消耗も勿論抑えられますよ。

 

 

 

 

 

 

 

ここに塗るのはAXONのジョイントグリスでも良いのですが、ベアリング同様粘土が高い方がグリップ感が上がります。

 

 

 

 

 

 

つまりAXONのジョイントグリスを塗った方がリヤグリップは上がる方向になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もともとTF7.7はリヤどっしり型なので自分的には軽さが欲しいんです。

 

 

 

 

 

 

そこでRUSHのオイルを塗ってあげると軽快さが増すんです。

 

 

 

 

 

 

ここは好みがあると思うので色々やってみてください。

 

 

 

 

 

 

 

一つ言える事はどっちを塗っても耐久性は格段に上がりますよ。

 

 

 

 

 

 

オイルを塗ったら完成です。

f:id:Anahara:20201227173803j:image

常にスムーズに動くユニバにしておいてあげる事で車の軽快さを良い状態に保つ事ができます。

 

 

 

 

 

またTFのユニバは精度が良いだけで無く、超硬い素材を使っているので、こまめにメンテしてあげれば1年以上は余裕で持っちゃうんです。

 

 

 

 

 

こまめなメンテは余計な出費も抑えられます。

 

 

 

 

 

 

新年の走り初めはスムーズなユニバで気持ち良く走りましょう(^^)