My RC Style!

ラジコン競技の魅力をお伝えします!

ありそうで無かったを製品にしてみました‼︎

今回はKOPRKPOから発売する新製品のご紹介です。

 

 

 

 

 

 

 

ありそうで無かった、あったら良いな〜

を製品にしてみました。

 

 

 

 

 

 

 

それがこちら

 

 

 

f:id:Anahara:20210221130222j:image

 

 

 

どれだ⁉︎って感じの写真ですが一番手間のボトムケースです‼︎

 

 

 

 

 

 

リバースリードボトムケース(GRASPER2用)‼︎

 

 

 

 

 

要はリード線を反対側から出す為のボトムケースです。

 

 

 

f:id:Anahara:20210221130520j:image

 

 

こんな感じで普通は上から出ているリード線を下から出す事ができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リード線を出す向きを反対にする事で電動ツーリングカー等の配線の取り回しを綺麗に出来ます。

 

 

 

 

f:id:Anahara:20210221130901j:image

 

 

リバースリードボトムケースを装着したGRASPER2を実際電動ツーリングカーに載せるとこんな感じになります。

 

 

 

 

サーボの配線が見えません‼︎

 

 

 

 

f:id:Anahara:20210222122301j:image

 

 

 

 

スッキリしてかっこ良くないですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

サーボの配線は内側を通す事で殆ど見えなくなるのでかなりスッキリします。

 

 

 

 

 

見た目は大事ですよね‼︎

 

 

 

 

 

 

ただそれだけではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このアッパーケース、黒なのでわかりにくいですが、材質はアルミです。

 

 

 

 

 

 

付属の熱伝導シートをFETに貼る事でFETの熱を逃すヒートシンクになるんです!!

 

 

 

f:id:Anahara:20210222132050j:image

 

 

 

 

 

だから表面がギザギザだったんですね〜

 

 

 

 

f:id:Anahara:20210222132112j:image

 

 

 

 

 

見た目と効率のアップの一石二鳥‼︎

 

 

 

 

 

 

 

 

 

半分は自己満足です(笑)

 

 

 

 

 

f:id:Anahara:20210223112700j:image

 

 

 

 

 

今週末より発売開始です‼︎

 

 

 

 

 

 

今回はGRASPER2専用になります。

 

 

 

 

 

是非綺麗な配線を目指してみてください〜(^^)

 

 

 

 

 

 

取り付け方法を動画でも紹介していますので、良かったらこちらもご覧ください。

 

 

www.youtube.com

 

 

 

 

 

スーパーストッククラスレースに出てみた‼︎

さて、スーパーストッククラスの車が出来上がった所で丁度RCスタジアム袖ヶ浦さんの月例レースがあったので出てきました。

 

f:id:Anahara:20210216150758j:image

 

スーパーストッククラスのメカ積みの記事はこちら↓↓↓

 

 

 

 

 

 

 

今回スーラジ大宮店のお客さん達が前日から前乗りするとの事なので自分も便乗して前乗りです。

 

 

 

 

 

 

 

 

しかもレースはストッククラスとのダブルエントリー‼︎

 

 

 

 

 

 

 

忙しくてカツカツになる事間違い無しです(笑)

 

f:id:Anahara:20210216151415j:image

 

 

 

ピットに車は常に2台‼︎

 

 

 

 

 

 

 

間違えそうです(笑)

 

 

 

 

 

 

前日の練習はしばらくストックの車を走らせ、スーパーストックは余裕ぶっこいて余り練習しませんでした。

 



 

 

 

 

そして午後になりとりあえず1パック走らせておこうとスーパーストックの車を走らせてみた所全く走れません‼︎(笑)

 

 

 

 

 

 

 

スロットルのツキに違和感ありすぎです(笑)

しかもバックします(笑)

 

 

 

 

 

 

 

こりゃまずいと思いアンプの設定を変更します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

幸い隣の席の方がセッティングアダプターとパソコンを持っていたのでお借りしました。

ありがとうございますm(_ _)m

 

 

 

 

 

 

設定を読み込んでみます。

 

f:id:Anahara:20210216151932j:image

 

 

まず〜

ランニングモードを前進、ブレーキにします。

レース中バックしちゃったら危ないですからね〜

 

 

 

 

そしてオーバーヒートプロテクト関係は全て無効にします。

 

 

 

 

 

レース中止まっちゃったら嫌ですからね。

ただオーバーヒートすると壊れてしまうという事なのでここは自己責任でお願いします。

 

 

 

 

 

BEC電圧は7.4Vにしてみましたが上がりませんでした。

 

 

 

 

 

このアンプには対応していないみたいです。

 

 

 

 

 

 

次にスロットルコントロールの画面です。

 

f:id:Anahara:20210216152343j:image

 

 

スロットルカーブはとりあえずやり出すとキリがないのでリニアのまま、パンチレートを全てマックスのとても強いに変更です。

 

 

 

 

 

男は黙ってマックスパンチです‼︎(笑)

 

 

 

 

 

1stパンチは少し弱くした方が運転しやすいかもしれないですね。

 

 

 

 

 

ここはまた今度いじってみます。

 

 

 

 

 

 

そして違和感があった1つのポイントはニュートラルレンジでした。

 

 

 

 

 

 

ここの値がデフォルトでは大き過ぎます。

 

 

 

 

 

 

 

 

ここはニュートラルの遊びの幅の事でここが大きいせいで握り始めが全く反応せず途中からいきなり動き始めます。

 

 

 

 

 

自分は一番小さい数値の2にしましたが、もう少し大きい方が運転はしやすいかもしれません。

 

 

 

 

 

デフォルトの79という数値はありえません(笑)

 

 

 

 

 

 

そしてブレーキコントロール

 

f:id:Anahara:20210216153041j:image

 

デフォルトではドラックブレーキが結構入っています。

 

 

 

 

 

 

 

ここが違和感のあったもう一つのポイント。

 

 

 

 

 

スロットルをニュートラルに戻しただけで結構な勢いで車が止まってしまいます。

 

 

 

 

 

 

これとニュートラルレンジの幅の広さが合わさってもの凄い違和感が出てしまっていたんですね。

 

 

 

 

 

 

という事でドラックブレーキを0にします。

 

 

 

 

 

 

他のポイントは変えませんでした。

 

 

 

 

 

 

最後にブースト&ターボ

 

f:id:Anahara:20210216153202j:image

 

ここはいじってはいけません。

いじったら失格になりますよ(笑)

 

 

 

 

 

 

 

ゼロタイミングモードにしっかりチェックを入れておきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

これで設定変更完了です。

 

 

 

 

 

 

 

確認の為に走ってみます。

 

 

 

 

 

 

違和感が無くなり良く走るようになりました‼︎

 

 

 

 

 

 

これなら気持ち良く戦えそうですね〜

 

 

 

 

 

 

ということでアンプの設定変更は絶対にやっておいた方が良いですよ〜

 

 

 

 

 

 

 

良く走るようになったので後は、新品バッテリーの慣らしだけして練習終了です。

 

 

 

 

 

 

そしてレースの朝を迎えます。

 

 

 

 

 

 

エントリー総数は70人オーバー‼︎

 

 

 

 

 

 

これ月例レースですよね?(笑)

 

 

 

 

 

 

練習時間から操縦台は常にいっぱいです‼︎

 

 

f:id:Anahara:20210216182511j:image

 

 

 

中ピットは満員で外にもピットが‼︎

 

 

 

 

f:id:Anahara:20210216182600j:image

 

 

勿論コロナ対策も万全です‼︎

 

 

 

 

 

 

 

ラジコン流行ってますね〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝の練習走行はストッククラスの車のタイヤの慣らしとバッテリーの慣らしだけ行いました。

 

 

 

 

 

 

実は今回ストックのバッテリーを2年ぶりに新調しました‼︎

 

 

f:id:Anahara:20210216182937j:image

 

 

信頼性抜群のとりおんバッテリーです。

 

 

 

 

 

 

今回バッテリーを新調して凄い事に気づいちゃいました‼︎

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とりおんバッテリー凄いです‼︎

 

 

 

 

 

 

何が凄いかはまた別の記事に書きたいと思いますのでお楽しみに〜

 

 

 

 

 

 

絶対買いだと思いますよ‼︎

 

 

 

 

 

 

そしていよいよカツカツダブルエントリーのレースが始まります‼︎

 

 

 

f:id:Anahara:20210216183403j:image

 

 

 

 

練習で車を一回間違えたのは誰にも言ってません(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

予選の組み合わせを見るとなんとスーパーストックとストッククラスで連チャン走行です(汗)

 

 

 

 

 

 

人間が対応しきれるのか?…(笑)

 

 

 

 

 

 

 

そして予選1回目‼︎

 

 

 

 

 

 

 

スーパーストッククラスから始まります。

 

 

 

 

 

 

練習走行はストッククラスしか走らなかったので、同じ感覚で走るとインに入り過ぎます(笑)

 

 

 

 

5回くらいコケて6番手‼︎

 

 

 

 

 

 

その後連チャンのストッククラス、今度はスピード差があり過ぎて1コーナーからオーバーラン(笑)

 

 

 

 

 

 

 

こりゃまずいと思いお弁当を食べて予選2回目は人間集中します!

 

 

 

 

 

 

 

 

そして予選2回目

 

 

 

 

 

 

 

細かいミスはあるもののなんとかまとめてスーパーストッククラスは予選3番手‼︎

 

 

 

 

 

 

続いてストッククラスも上手くまとめて18周に入れたのですが、最後にやっちまいました。

 

 

 

 

 

 

ゴールしたと思って車を止めたらあと1周あったんです(笑)

 

 

 

 

 

 

またしてもネタを提供してしまいました(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしていよいよ決勝です!

 

 

 

 

 

 

まずは勝ち上がりをかけたストッククラスBメインから、

 

 

 

 

 

 

スタートの混乱に巻き込まれて一瞬で終了です(笑)

 

 

 

 

 

 

まぁこれでスーパーストッククラスに集中できる‼︎(笑)

 

 

 

 

 

 

そして今回大注目のスーパーストッククラスAメイン決勝が始まります‼︎

 

 

 

 

 

 

綺麗なスタートが決まり1コーナーでアウトに膨らんだ前の車をパスして2番手に上がります。

 

 

 

 

 

しかし自分も膨らんで2台にパスされ4番手に。

 

 

 

 

 

その後、前の車がミスった所を追い抜き3番手に。

 

 

 

 

 

 

更に前のもう1台も抜き返し2番手まで戻ります。

 

 

 

 

 

 

しばらくこの順位のままレースが続きますが後続車は直ぐ後ろから来ているので気が抜けません。

 

 

 

 

 

 

気は抜いていないつもりでしたがいつものゴロンチョやっちゃいました。

 

 

 

 

 

 

しかもバッテリー抑えのビスが緩んでいたらしくバッテリーが外に出てきてしまいました(笑)

 

 

 

 

 

そんなこんなで一気にゴボウ抜きされて6番手まで落ち、バッテリーを引きずったままゴールです(笑)

 

 

 

 

このクラスでもしっかり落ちを作る形となりました(笑)

 

 

 

 

 

いや〜でも常にサイドバイサイドで順位が目まぐるしく入れ替わる展開は超楽しいですね‼︎

 

 

 

 

 

 

 

 

 

個人的感想としてまずこのスピード域とグリップするタイヤ、ダウンフォースの強いハイエンドボディーという組み合わせが絶妙で、簡単にサイドバイサイドのバトルが出来るという所が超楽しいです。

 

 

 

 

 

運転がどのカテゴリーよりも楽なんですよね。

 

 

 

 

 

 

実際レースではあらゆる所でバトルが行われていて、ワンミスで順位が大きく変わってしまう程差がありませんでした。

 

 

 

 

 

 

そしてパワーソースがイコールという手軽さ。

 

 

 

 

 

ここも差が無いレースが出来た大きなポイントだと思います。

 

 

 

 

 

しかも安い‼︎

 

 

 

 

 

タミグラ、タミチャレ等からのステップアップにはもってこいだと思います。

 

 

 

 

 

 

ここから更にステップアップするのもシャーシ、ボディー、タイヤが同じなので楽かと思います。

 

 

 

 

 

 

これは流行りますね‼︎

 

 

 

 

 

スピキンスーパーストッククラス‼︎

 

 

 

 

 

是非参加してみてください(^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スピキン スーパーストック仕様のマシンのメカ積みをしてみました!

今回はエントリーがあっという間にいっぱいなった今注目のスピードキングツアースーパーストック仕様のマシンを作成してみました。

 

 

f:id:Anahara:20210214095654j:image

 

まずこのクラスの特徴はアンプ、モーター、バッテリーが全てコントロールされている事です。

 

 

 

 

 

 

 

この方式は海外のETSやTITCでも行われており凄く人気です。

 

 

 

 

 



メカのチョイスに悩む事なくイコールコンディションのレースに手軽に参加する事が出来るのが人気の秘訣です。

 

 

 

 

 

 

 

 

しかもアンプ、モーター、バッテリーにエントリー費も含めて7500円‼︎

 

 

 

 

 

 

 

10000円でお釣りが来ちゃいます‼︎

 

 

 

 

 

 

 

 

そのメカ達がこちらです。

 

f:id:Anahara:20210214095600j:image

 

  

GフォースのコンボセットにMonster Powerというバッテリーですね。

 

 

 

 

 

 

 

では早速開封してみましょう〜

 

 

f:id:Anahara:20210215122713j:image

 

 

こんな感じで配線も全て付いているのでそのままポン付けで走る事が出来そうですね〜

 

 

 

 

 

 

 

 

しかしここはやっぱりカッコ良く載せたいですよね(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

配線は黒で統一して丁度良い長さにカットしちゃいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この作業の様子を動画で早回しで撮ってみたので良かったらご覧ください。

 

 

ESCの配線 - YouTube

www.youtube.com

 

 

 

 

 

 

 

完成です‼︎

 

 

 

 

f:id:Anahara:20210215123432j:image

f:id:Anahara:20210215123501j:image

 

 

 

この写真を見て何かに気づいちゃったそこのあなた!

 

 

 

 

 

 

新製品にご期待ください(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これでモチベーションアップでタイムアップです(笑)

 

 

 

f:id:Anahara:20210215125607j:image

 

 

 

 

どんなレースになるか楽しみですね♬

 

 

 

 

 

 

 

と、思っていた所でなんと2月のRCスタジアム袖ヶ浦さんの月例レースでスーパーストッククラスを行うという情報が‼︎

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは出てみるしかない‼︎

 

 

 

 

 

 

 

という事で早速出てきました♬

 

 

 

 

 

 

 

 

率直に感想を言うとチョー面白い‼︎

 

 

 

 

 

 

レースの模様はまた次回に‼︎

 

 

 

 

 

 

お楽しみに〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

失敗しないボディーカット

ボディーの穴開けが完了したら次はボディーカットです。

 

f:id:Anahara:20210204221055j:image

 

 

 

 

 

 

失敗しないボディーの穴開け方法はこちら↓↓

 

anahara.rcsports.info

 

 

 

 

 

 

まずはホイールアーチのカットから。

 

 

 

 

 

 

 

 

フロントタイヤの中心でボディーの位置を合わせたのでリヤタイヤの中心位置をボディーにマーキングします。

 

 

f:id:Anahara:20210204221448j:image

 

 

ちょっと色がかかっちゃっていますがまぁこのくらいの位置ですね。

 

 

f:id:Anahara:20210204221537j:image

 

 

 

中心位置をマーキングしたらホイールアーチを書きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

コンパスカッターでこの状態からカットする方法もあるのですが自分はそれが苦手です(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コンパスカッターで失敗すると後が無くなってしまうので、自分が使うのはコンパスです。

 

f:id:Anahara:20210204222001j:image

 

 

えんぴつを挟むタイプのコンパスです。

 

 

 

 

 

 

 

 

懐かしくないですか?(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは小学生の頃使っていた物です(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これにマッキーを挟みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホイールアーチの円の半径は34mmにしています。

 

f:id:Anahara:20210204222156j:image

 

 

半径を合わせたらボディーのマーキングしたら中心に針を合わせて円を書きます。

上は元の書いてあるホイールアーチ一番上に合わせます。

 

 

f:id:Anahara:20210204222305j:image

 

フロントタイヤの中心位置はほんのちょっとだけ後ろにずらします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうする事でタイヤにボディーが巻き込みにくくなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

ほんのちょっとだけですよ‼︎

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リヤーはずらさず中心に合わせます。

 

f:id:Anahara:20210204222451j:image

 

 

 

 

 

失敗してもクリーナーで消して何度でもやり直し出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

これが失敗しないポイントです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

納得いくまでやりましょう。

 

 

 

 

f:id:Anahara:20210205183211j:image

 

 

 

 

 

 

こんな感じになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

アーチが描けたら曲線バサミでなぞるように切っていきます。

 

 

 

f:id:Anahara:20210205182930j:image

 

 

 

曲線バサミと下書き効果で綺麗なアーチが切れます。

 

 

 

f:id:Anahara:20210205183121j:image

 



ここまで出来たらあと一息です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後はボディー下部のカットです。

 

 

 

 

 

 

 

 

これには超お勧めアイテムがあります。

 

 

 

f:id:Anahara:20210208210024j:image

 

RC-missionのロードクリアランスゲージです。

 

 

 

 

 

 

 

  

マッキーにベストフィットする専用クリアランスゲージです。

 

 

f:id:Anahara:20210209075024j:image

 

 

 

これにマッキーをはめて〜

 

 

 

f:id:Anahara:20210209075139j:image

 

 

車高を合わせたシャーシにボディーを載せた状態で一周なぞっていきます。

 

 

 

f:id:Anahara:20210209075354j:image

 

 

 

自分は地上から7mmの位置でボディーをカットしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロードクリアランスゲージの7と書いてある面を上にします。

 

 

 

 

 

f:id:Anahara:20210209075534j:image

 

 

 

7mmクリアランスがあれば大体何処のコースでもボディーを擦らずに走れます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リヤ側はJMのレギュレーションに合わせる為、下ギリギリで切ります。

 

 

 

 

f:id:Anahara:20210209075910j:image

 

 

 

マジックで印をつけた位置で並行に切っていきます。

 

 

 

 

 

 

 

JMレギュレーションにTwisterボディーを通す方法についてはこちら↓↓

 

anahara.rcsports.info

 

 

 

 

こんな感じです。

f:id:Anahara:20210209080313j:image

 

 

 

 

線に沿ってボディーカットができたら最後は角に丸みをつけてあげます。

 

 

 

f:id:Anahara:20210209080409j:image

 

 

 

これは必ずやっておきましょう。

 

 

 

 

 

  

 

 

 

角が尖った状態で走るとボディーは凶器になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

実際レース中にマーシャルが飛んできた車のボディーの角で足を切ってしまい怪我をした所を何度か見た事があります。

 

 

 

 

 

 

 

やられた側もやってしまった側も良くない気持ちなるので出来る事は事前にやっておきましょう。

 

 

 

 

f:id:Anahara:20210209081032j:image

 

 

 

 

 

これでボディーカット完成です‼︎

 

 

 

 

f:id:Anahara:20210209080954j:image

 

 

穴開けとカットが上手くいったボディーは左右のクセがなくなりパリッと良く走りますよ‼︎

 

 

 

 

是非お試しください(^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

失敗しないボディーの穴開け

今回はボディーの穴開け方法についてです。

 

 

f:id:Anahara:20210202150437j:image

 

 

 

 

 

 

よくレース用の綺麗なボディーに限って穴位置がずれてしまった‼︎

 

 

 

 

 

 

 

なんて事ありませんか?

 

 

 

 

 

 

 

そんな事が起こらないようにするボディーカットにかかせないお勧めアイテムを紹介します。

 

 

 

 

 

f:id:Anahara:20210202150510j:image

 

 

自分がボディーの穴開けに使うアイテム達です。

 

 

 

 

それではアイテムの紹介をしながらボディーの穴開けとカットの仕方を説明していきたいと思います。

 

 

 

 

まず使うのはこちらです。

 

f:id:Anahara:20210202150917j:image

 

アクティブさんのマグネットボディーマウントマーカーです。

 

 

 

 

 

この商品は他のメーカーからも出ていますが、自分はアクティブさんのを愛用しています。

 

 

 

 

 

 

そして穴開け専用のバンパーとボディーポストです。

 

 

 

 

 

 

これはマグネットボディーマウントマーカーを付けてボディーを上から載せた際に高さがぴったりになるようにカットしてあります。

 

 

 

 

 

 

これにマグネットボディーマウントマーカーを着けるとこんな感じです。

 

f:id:Anahara:20210202151254j:image

 

 

 

 

 

そしてシャーシに取り付けます。

 

 

 

 

 

フロント

f:id:Anahara:20210202151321j:image

 

 

 

リヤ

f:id:Anahara:20210202151352j:image

 

 

 

 

 

 

多くの方がこのマグネットボディーマウントマーカーを使用する時に普段使っているボディーポストにそのまま付けていると思うのですが、高さが違うと絶対にずれます。

 

 

 

 

 

 

前に出過ぎちゃったー‼︎

 

なんて事になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

実際に装着するボディーの高さに合わせてあげる事でそんなずれを防げます。

 

 

 

 

 

 

 

面倒でも穴開け用のボディーポストを用意しておきましょう。

 

 

 

 

 

 

同じ型のボディーなら一度作ってしまえばずっと使えますので〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次はボディー側です。

 

 

 

 

 

 

ボディーを何ミリ前出しするかでフロントタイヤの中心部分を決めてあげます。

 

 

 

 

 

 

 

最近のボディーはスリットが入っているので分かりやすいですね。

 

 

 

 

 

 

 

更にわかりやすくする為に合わせたいスリットをマジックでなぞっておきます。

 

f:id:Anahara:20210202153050j:image

 

 

 

 

 

今回は前に紹介したJMのレギュレーションに余裕で通る8mm前出しで作ります。

 

 

ツイスターをJMレギュに通す方法はこちら↓↓

anahara.rcsports.info

 

 

 

 

ここまでやったら実際にボディーをかぶせます。

 

 

 

 

 

 

 

と、その前にシャーシ側の電源を入れてニュートラルを出しておきます。

 

 

 

 

 

 

 

ここでニュートラルが出ていない状態で合わせてしまうとまたズレる原因になってしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

しっかりニュートラルを出した状態でボディーをかぶせます。

 

f:id:Anahara:20210202193912j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

ボディーを被せたらマジックでなぞったスリットにフロントタイヤの中心を合わせます。

 

f:id:Anahara:20210203080449j:image

 

 

左右両方ともしっかり中心にくるように合わせます。

 

 

 

f:id:Anahara:20210203080610j:image

 

 

 

 

 

 

前出し位置をあわせたら、マグネットボディーマーカーのもう片方を上から乗せます。

 

 

f:id:Anahara:20210203080847j:image

ツイスターやドックの場合フロントが丁度スリットの部分と被ってしまうのですが、内側にボディーマーカー入れた方が上手く行きやすいです。(TFの場合ですが…)

 

 

 

 

 

 

 

 

このスリットのおかげで左右のずれは出にくいですね。

 

 

 

 

 

 

同様にリヤーも

 

f:id:Anahara:20210203081323j:image

 

 

 

リヤーは左右のずれが起きやすいので目印を決めてそこからの距離を測って合わせます。

 

 

 

 

 

 

 

自分はトランク部の線からの長さをそれぞれ測って合わせています。

 

f:id:Anahara:20210203081528j:image

f:id:Anahara:20210203081551j:image

ちょっと写真だと見にくいですね(汗)

 

 

 

 

 

 

 

左右からボディーを軽くトントン叩いていく感じで調整します。

 

 

 

 

 

 

ここまで合わせたらもう一度フロントタイヤのの中心が合っているかを確認します。

 

f:id:Anahara:20210203080449j:image

 

 

 

 

 

 

 

全ての位置が合ったらマジックでボディーマーカーの中の円をなぞります。

 

f:id:Anahara:20210203081910j:image

マッキーの細い方が良いですね。

f:id:Anahara:20210203081956j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じの円が書けます。

 

 

f:id:Anahara:20210203200137j:image

f:id:Anahara:20210203200231j:image

 

 

 

印が出来たら穴を開けてていくですがここもズレポイントです。

 

 

 

 

 

 

 

 

多くの方がこの状態からリーマーの先を突き刺して穴を空けると思うのですがここで結構ずれてしまう事が多いんです‼︎

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それを防ぐ方法は…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ピンバイスで下穴を開けておきます。

 

f:id:Anahara:20210203200930j:image

円の中心を狙います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

太さは大体1mmくらいの物を使いましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ピンバイスの方が中心を狙い易いいので位置がづれにくいんです。

 

 

f:id:Anahara:20210203201146j:image

 

 

 

 

 

ほぼ中心に穴が空きました。

 

f:id:Anahara:20210203201436j:image

f:id:Anahara:20210203201508j:image

 

 

 

 

ここからリーマーで穴を広げていきます。

 

 

 

 

 

 

と、その前にボディーポストを元に戻しておきましょう。

 

f:id:Anahara:20210203201738j:image

f:id:Anahara:20210203201649j:image

 

 

 

 

 

 

リーマーはなるべく力を入れないでそーっと回していきます。

 

 

f:id:Anahara:20210203201836j:image

 

 

 

力を入れ過ぎると穴が楕円になりそこからずれていってしまいます。

 

 

 

f:id:Anahara:20210203202036j:image

 

 

 

 

 

 

リーマーも良く切れるものを使う事でズレを防止出来るのと、綺麗な円の穴が開けられます。

 

 

 

 

 

 

 

穴の大きさの目安はボディーを少し持ち上げた状態から手を離してストンと下まで落ちるくらいです。

 

 

 

 

 

 

持ち上げて〜

f:id:Anahara:20210203203043j:image

 

 

 

離してストン‼︎

f:id:Anahara:20210203203141j:image

 

 

 

 

 

少し穴が大きくなっても大丈夫です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

穴を空けてたらボディーパッチをつけます。

 

 

 

 

 

 

 

自分はヨコモ製の0.5mmのものを使っています。

 

f:id:Anahara:20210203202256j:image

 

 

 

ボディーの穴の補強になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、穴がずれてしまっていても大きめの穴を開けてボディーパッチを使う事で補正も出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

まずボディーパッチを取り外し保護テープを剥がしてボディーポストに乗せます。

 

 

 

f:id:Anahara:20210203202536j:image

f:id:Anahara:20210203201706j:image

 

 

 

 

 

そしてその上からボディーを被せて軽く上からおさえつけます。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Anahara:20210203202722j:image

 

 

 

これでボディーパッチがボディーにくっつきます。

 

 

 

 

 

 

 

ボディーパッチをつけると大体穴がキツいと思うのでリーマーで少し広げます。

 

f:id:Anahara:20210203203510j:image

 

 

 

穴の大きさの目安は先程同様ボディーをつけた状態で少し持ち上げて〜離してストンです。

 

 

 

 

 

 

 

ここで引っかかってストンと落ちないと、走りにクセが出る原因になってしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少し穴が大きめでもストンを落ちるボディーが良いです。

 

 

 

 

 

 

これで穴開け完了です‼︎

 

 

f:id:Anahara:20210203202644j:image

 

 

長くなってしまったので今回はここまで。

 

 

 

 

 

次回はカットの仕方を紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トルクレンチを使ってクセのない車を作る

皆さんは自分で組む車と人が組む車とでは全く同じセッティングをしても同じように走らないという経験をした事はありませんか?

 

 

 

 

 

 

自分で組んだ車はクセが強いんじゃ〜‼︎って方も中にはいるんじゃないでしょうか?(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

エキスパートな方達は勿論ただ組むと言っても駆動系がいかに抵抗なくスルスル回るようにしたりだとか、サスの動きがスムーズになるようにだとか手を加えて組むのでその差は出ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただそれ以外でも結構車の性格が変わってしまうくらい差が出るのがネジの締め付けトルクです。

 

 

f:id:Anahara:20210128193759j:image

 

 

ネジを締め付ける時の力の事ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

ここは今まで色んな人の組んだ車を見てきましたが、ネジを緩めてみると締め付けトルクは人によってかなり違うんですよね‼︎

 

 

 

 

 

 

 

経験豊富な方の組んだ車はどのネジを緩めてもほぼ一定の力でネジが締め付けられています。

 

 

 

 

 

 

 

 

逆に初心者の方が組んだ車は場所によってバラバラな力でネジが締め付けられている事は結構多いです。

 

 

 

 

 

 

 

多分少し想像出来るかとは思うのですが基本ネジを締め付ける力が強い方が力の逃げが減るのでその部分がヨレなくなります。

 

 

 

 

 

 

 

車の動きはカッチリする方向ですね。

 

 

 

 

 

 

 

逆にネジの締め付けを弱くすればそこにヨレが生じて車の動き的には柔らかくなります。

 

 

 

 

 

 

つまり左側と右側でネジの締め付けトルクが違っていれば左にハンドルを切った時と右にハンドルを切った時とで動きが変わってしまう事になるんです。

 

 

 

 

 

 

 

これがクセってやつですね。

 

 

 

 

 

 

しかし、ネジを常に一定の力で締めるというのはまぁまぁの熟練度が必要になってくるかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこで簡単にネジを一定の力で締められるお勧めアイテムの紹介です♬

 

 

f:id:Anahara:20210128125558j:image

 

 

トルクレンチです♬

 

 

 

 

 

自分はトーニチのトルクスレンチというのを使っています。

 

 

 

f:id:Anahara:20210128193540j:image

 

 

 

Amazonで1万円ちょいくらいで購入できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと高いと思うかもしれませんが、メーカーで補正もしてくれる品質保証付きで、一生ものと考えればそれほど高いものではないかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

またビットは付属ではないので別に買う必要があります。

 

 

 

 

 

 

 

自分はHUDYのデンドラ用のビットを使っています。

 

 

 

 

f:id:Anahara:20210128194132j:image

 

 

こちらも精度と耐久性も抜群です。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Anahara:20210128194206j:image

 

 

 

 

ワンタッチで取り付けられます。

 

 

 

 

 

 

 

他に安いビットは沢山ありますが安いビットはすぐネジ穴を壊してしまったり、消耗が早かったりと結局別の出費がかかってしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

工具は高くても良い物を使いましょう。

 

 

 

 

 

 

 

話は少しそれてしまいましたが、トルクレンチの使い方を紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

まずはダイヤルで締め付けトルクを調整します。

 

 

 

 

f:id:Anahara:20210128200343j:image

 

 

 

 

この締め付けトルクはセッティングポイントにもなります。

 

 

 

 

 

 

 

上で書いたように締め付けトルクで車の動きを変える事ができるんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

自分は40cN•m〜60cN•mの間で調整しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

締め付けトルクが強過ぎるとネジの頭が飛んでしまったりネジ山がバカになってしまうので、注意しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

特にアルミビスは弱いので要注意です!

 

 

 

 

 

 

 

締め付けトルクを調整したらネジを絞めていきます。

 

 

f:id:Anahara:20210128200931j:image

 

 

 

 

 

ある程度絞めた所でカチンと音がして力が逃げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

これで締め付け完了です。

 

 

 

 

 

 

 

 

後は全てのネジをカチンと音がするまで絞めていきます。

 

 

f:id:Anahara:20210128201048j:image

 

簡単ですね♬

 

 

 

 

 

 

 

これでクセのない車の出来上がりです。

 

 

 

 

 

 

 

 

クセのない車は自分の思い通りに走らせられますよ。

 

 

 

 

 

 

 

締め付けトルクも色々変えて遊んでみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

きっと自分好みの動きになるポイントを見つけられますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レース用ボディー‼︎

今年用にレース用ボディーを塗って貰ったので今回はレース用ボディーについて☆

 

 

f:id:Anahara:20210125213904j:image

 

 

 

 

練習用とレース用何が違うの?

 

 

 

 

 

 

 

単色か柄有りかだけでしょ?

 

 

 

 

 

 

 

って思う方も多いかと思いますが、スプレーで拭く単色塗りとエアブラシで拭く柄ありボディーって同じボディーでも結構動きが変わるんです。

 

 

 

f:id:Anahara:20210125213950j:image

 

 

 

 

 

レースに出ている方だったらレース当日レース用の綺麗なボディーに変えたら調子悪くなったって事ありませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

同じボディーでも動きが変わる要素は幾つかあるんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

はい、かなりマニアックな内容です(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは重さです。

 

 

 

 

 

 

 

これはなんとなく想像つくのではないかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

単色塗りよりも色んな色を重ねて塗ったボディーの方が大体重くなります。

 

 

 

 

 

 

 

ボディーは重心の一番高い部分、重心の一番高い所の重さが変わる訳ですから少しの変化でも動きにかなり影響してきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

重くなればロール量も増えるし軽快感は無くなる方向になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、プロのペインターさんはそこがちゃんと分かっているので凄く薄く塗って軽く仕上げてきます。

 

 

 

 

 

 

これはホントに芸術品ですよね。

 

 

 

 

 

 

自分のずっと塗って貰っているトヨペも超軽く仕上げてくれます。

 

 

f:id:Anahara:20210125214056j:image

 

 

 

 

 

ボディーペインターさんのこの技術はホント凄いな‼︎っていつも思います。

 

 

 

 

 

 

 

そしてもう一つの要素は塗料の違いです。

 

 


 

 

 

 

塗料の種類によって乾いた時のボディーの硬さが違うんです。

 

 

 

 

 

 

はい、スーパーマニアックな内容ですね(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

傾向としてはスプレー缶で塗ったボディーは硬めに、エアブラシで塗ったボディーは柔らか目になりやすい気がします。

 

 

 

 

 

 

勿論塗料メーカーによってここは変わってきますので必ずこの傾向になるとは言えませんがこれでも車の動きは変わってくるんです。

 

 

 

 

 

 

 

硬いボディーはパキパキ動き、初期反応が増します。

 

 

 

 

 

 

 

逆に柔らかいボディーはマイルドに動きます。

 

 

 

 

 

 

こんな所でも違いが出てしまうんですね〜

 

 

 

 

 

 

 

 

そして最後の要素、これが実は一番影響大きかったりします。

 

 

 

 

 

 

 

 

それは綺麗なボディーを使う事でぶつけないように運転が丁寧になる事です(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

今迄攻めていたコーナーを攻めなくなります(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

これは良い方向、悪い方向どっちにも影響します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは良い方向、運転が丁寧になるのでミスは減ります。

 

 

 

 

 

 

そして悪い方向、攻めなくなるのでタイムは出なくなります。

 

 

 

 

 

 

それではこれらの対策方法です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずボディーの重さと硬さ、これをやる人は超マニアックだと思います(笑)

 

 

 

 

 

 

 

重さと硬さを同じにする為に単色塗りと柄塗りを同じメーカーの塗料を使います。つまり単色塗りもエアブラシでやるということですね。

 

 

 

 

 

 

そして柄塗りボディーの重さを測っておき、単色塗りもそれと同じ重さになるまで重ね塗りをします。

 

 

 

 

 

ここまでやれば細かい事を言わなければほぼ同じ重さと硬さになります。

 

 

 

 

 

それでも100%では無いですがキリがないのでこれ以上は言いません(笑)

 

 

 

 

 

ていうかここまでは自分もやりません(笑)

 

 

 

 

エアブラシ持ってないし(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてもう一つの対策方法、これが一番現実的です。

 

 

 

 

 

 

 

 

それはレース用ボディーをレース前に使っておく事です。

 

 

 

 

 

 

 

レース当日はもう練習走行からレース用ボディーを使って慣れておきます。

 

 

 

 

 

 

 

前日に練習出来る時は前日からレース用ボディーを使っておきます。

 

 

 

 

 

 

 

そして1回くらいぶつけたりコケたりしてしまえばもう攻められるようになります(笑)

 

 

 

 

 

とにかくレース用ボディーに慣れておきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

単色ボディーでそのままレース出れば良いじゃん‼︎って言ってしまえばそれまでですがね(笑)

 

 

 

 

やっぱり自分のパーソナルカラーを決めてそれで走るとテンション上がりますからね♬

 

 

f:id:Anahara:20210125214219j:image

 

 

 

 

是非自分色を出してみてください☆

 

 

 

 

f:id:Anahara:20210125214028j:image