My RC Style!

ラジコン競技の魅力をお伝えします!

白いプロポは汚れが気になる?

EX-NEXTの白は汚れが気になる‼︎

って方は多いと思います。

 

 

 

 

f:id:Anahara:20210319202629j:image

 

 

 

 

 

でも安心してください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

汚れても簡単に汚れは落とせます。

 

 

 

 

 

 

 

 

一日使ったEX-NEXTの汚れ具合は外コースの電動だとこんな感じです。

f:id:Anahara:20201227181024j:image

 

 

基本グリップの所が汚れますね。

 

 

 

 

 

 

 

樹脂の塗装部分は逆にコーティングされている分汚れが付きにくいんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

汚れてしまったらまずラジコンユーザーなら誰もが持っているブレーキパーツクリーナーをティッシュやウエスに軽く吹き付けます。

f:id:Anahara:20201227181254j:image

 

 

 

 

 

 

 

後は軽く拭くだけ‼︎

f:id:Anahara:20201227181344j:image

 

 

 

 

f:id:Anahara:20201227181404j:image

新品の時の綺麗さに戻ります!

 

   

 

 

 

 

同時にアルコール除菌もされます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コロナ対策も出来ちゃってるじゃないですか‼︎

 

 

 

 

 

 

 

 

正に今の時代にもってこいのプロポですね〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

黒いプロポも見えないだけでこれだけ汚れてるって事ですよ〜‼︎

 

 

 

 

 

 

 

 

グリップは1年に1回くらいは新しいものに変えてあげましょう〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プロポはいつも清潔に(^_−)

 

 

 

 

 

 

 

時代は白いプロポですよ‼︎

 

 

 

 

やっと発売‼︎

問題山積みで多分今迄で一番テストしたんじゃないかというくらいテストしてきたEX-NEXTが今週末やっと発売出来ます‼︎

 

 

 

f:id:Anahara:20210315182949j:image

 

 

 

勿論山積みの問題は全て解決しましたよ‼︎

 

 

 

 

 

 

電波は目に見えないから厄介で時間かかかってしまいました(>_<)

 

 

 

 

 

 

 

 

そして本日遂に量産品が入荷してきました(*≧∀≦*)

 

 

 

 

 

 

f:id:Anahara:20210315183138j:image

 

 

 

 

散々テストしてきたけど箱に入った製品を見るのは初めて‼︎

 

 

 

 

 

 

という事でプロポを買ったユーザーの気分になって開封しちゃいました(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その模様はこちらの動画で♬↓↓

 

 

www.youtube.com

 

 

 

 

自分は先週からサポート分の準備で大忙しでしたが週末行われた日本一レベルの高い袖スタ月例レースで勇人と仁がEX-NEXTで強豪を抑えてワンツーフィニッシュしてくれました♪───O(≧∇≦)O────♪

 

 

f:id:Anahara:20210315183609j:image

 

 

これで全てが整った‼︎

 

 

 

 

 

大変お待たせ致しました‼︎

 

 

 

 

 

 

いよいよ出荷開始です‼︎

 

f:id:Anahara:20210316152414j:image

 

 

 

 

 

 

クセの無い車を作るお気に入りアイテム その2

以前クセの無い車を作る為のトルクレンチを紹介しましたが、今回は最近また良いアイテムをゲットしたので紹介します♬

 

 

 

 

 

 

以前のトルクレンチの紹介はこち↓↓

 

anahara.rcsports.info

 

 

 

 

 

 

 

今回紹介するアイテムはこちらです‼︎

 

 

f:id:Anahara:20210309145649j:image

 

 

MR33のTWEAK TOOL STATIONです。

 

 

 

 

 

 

 

 

ワールドチャンピオンのマークライナードが手掛けているブランドのMR33、センス良くてカッコいいんですよね〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだ日本には代理店が無く今は海外通販で購入するしか無いのですが、近々日本でも買いやすくなるんじゃないかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

風の噂ですが〜(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなTWEAK TOOL STATIONですが、同じようなものがHUDYからも出ていて元々欲しかったのですが、少し大きくて持ち歩きが大変なのと値段が結構高いので買わずじまいでした。

 

 

 

 

 

 

 

そんな時に簡易型ですがコンパクトで価格もリーズナブル、デザインも良いものが発売されたのでこれは買いだと思い海外通販の出来る方に買って貰いました♬

 

 

 

 

 

 

これが何に使うアイテムなのかわからない方も結構いるかと思いますので使い方を紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

まずはブロック的なものをシャーシフロント部の下に入れます。

 

 

 

f:id:Anahara:20210309151411j:image

 

位置はフロントサスアームの辺りが良いかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

次にシーソーのようなゲージの上にリヤタイヤを載せます。

 

f:id:Anahara:20210309151619j:image

 

 

 

左右にメモリがあるので、車が真ん中に来るように合わせます。

 

 

 

f:id:Anahara:20210309151716j:image

 

 

車が真ん中に来るように合わせたらゲージ端の高さを車高ゲージを使って左右それぞれ測ります。

 

 

 

f:id:Anahara:20210309152045j:image

 

 

ダンパーの車高調整ダイヤルを左右同じ位置に合わせていてもおそらくこのゲージの高さは全く同じにはならないかと思います。

 

 

 

 

 

 

ここの左右差はシャーシのねじれ、ダンパースプリングの個体差、シャーシの重量配分によって生まれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この左右差があると、アクセルを握って車を真っ直ぐ加速させた際にリヤタイヤにかかる荷重が均等じゃないという事になります。

 

 

 

 

 

 

左右均等に荷重がかからないという事は当然車は真っ直ぐ加速せず、右か左に行ってしまい、それをステアリングで修正しなければなりません。

 

 

 

 

 

 

そう、クセが出てしまうという事ですね。

 

 

 

 

 

 

それをこのゲージを使って左右均等に荷重が掛かるように補正してあげる訳です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やり方は簡単です。

 

 

 

 

 

 

 

ダンパーの車高調整ダイヤルを回してゲージの端の高さが左右均等になるようにしてあげるだけです。

 

 

 

 

 

 

基本高さが低い方のダイヤルを車高を落とす方向に、高い方のダイヤルを車高を上げる方向に回してあげます。

 

 

 

 

 

 

これで左右均等になる場所が見つかるはずです。

 

 

 

 

 

左右均等になった所でダンパーの車高調整ダイヤルが左右で大きくずれていたり、車高が左右で大きく変わってしまった場合はおそらくシャーシが相当歪んでいる可能性が高いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もしくはダンパースプリング左右違うのが付いているか?

酔っ払って車弄ると自分は時々これやりますが(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とにかくシャーシに何か異常があると思われるので組み直した方が良いかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

逆に僅かなシャーシの歪みやスプリングの個体差、左右の重量の差ならこの調整で補正出来てしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

リヤーの調整が終わったらフロントも同様に調整していきます。

 

f:id:Anahara:20210309155014j:image

f:id:Anahara:20210309155027j:image

 

 

フロントはやらないという方も多いようですが、自分はフロントも、ブレーキをかけた際に均等に荷重がかかって欲しいので同様の調整をしています。

 

 

 

 

 

 

 

シャーシ異常の早期発見にも繋がります。

 

 

 

 

 

 

 

クセの無い車は直進を真っ直ぐ走れる‼︎

 

 

 

 

 

 

これ当たり前のようで意外と出来ていない方が多いと思うので是非真っ直ぐ走る車を目指してみてください(^ ^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モーターメンテナンスでスピードを取り戻す‼︎

今回はモーターのメンテナンスについて

 

 

 

f:id:Anahara:20210302144430j:image

 

 

 

シャーシはメンテナンスしてもモーターまではしないって人結構いませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

バラすのが怖いって人も結構いると思います。

 

 

 

 

 

 

 

しかしモーターもシャーシ同様走ると汚れも溜まるし消耗する部分もあります。

 

 

 

 

 

 

まず自分がモーターメンテに使用しているお勧め品を紹介します。

 

 

f:id:Anahara:20210302144244j:image

 

 

 

とりおんから発売されているこれらのアイテムを使う事でワンランク上のモーターに仕上げる事が出来ます♬

 

 

 

 

 

 

それではメンテナンス方法を説明しながらこれらのアイテムの使い方も紹介していきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回はとりおんモーターをメンテナンスしていきますが、モーターのバラし方はメーカーによって多少違いますのでご注意ください。

 

 

 

 

 

 

 

まずはビス3本を取り、センサーの付いている上側のフタを外します。

 

 

 

 

f:id:Anahara:20210304130524j:image

 

 

 

 

 

 

その後、ローターを抜き取ります。

 

 

 

 

 

 

ローターは磁力が強く手で引っ張って抜くのは中々大変なので、プライヤー等を使って引っこ抜きます。

 

 

 

f:id:Anahara:20210304130544j:image

 

 

 

この際、シャフトを傷つけないように挟む部分に布のテープを貼ります。

 

 

 

 

f:id:Anahara:20210304130604j:image

 

 

 

ティッシュ等の柔らかいものを一緒に挟むのもありかと思います。

 

 

 

 

 

次に缶とステーターも外す事が出来るのですが、ここは無理に外さなくても良いかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

新しい最初のうちは結構がっちり止まっていますがあんまり抜き差しし過ぎると緩くなって来ます。

 

 

 

 

 

 

 

ここが緩くなってくると、モーターが回っている時に微妙に振動し、音がうるさくなってきます。

 

 

 

 

 

そうなってしまった場合はステーターにセロハンテープ等をを貼り缶にギュっと押し込んでやると振動が消えて音が静かになります。

 

 

 

 

f:id:Anahara:20210304130650j:image

 

 

 

緩み具合によってセロハンテープの枚数を変えてみてください。

 

 

 

f:id:Anahara:20210304130706j:image

 

 

 

全部バラすとこんな感じです。

 

 

 

 

f:id:Anahara:20210302150616j:image

 

 

 

ローターは磁力でどっか転がっていっちゃいました(笑)

 

 

 

 

バラしたらまず使うのがこれです。

 

 

 

f:id:Anahara:20210304130726j:image

 

 

 

モーター&ベアリングクリーニングガム‼︎

 

 

 

 

 

 

クリーニング粘土と呼ぶものもありますね。

 

 

 

 

 

 

前にも紹介した事ありましたね。

 

anahara.rcsports.info

 

 

 

 

 

 

缶、ステーター、センサー周り、ベアリングについたゴミをこのクリーニングガムでペタペタしてとっていきます。

 

 

f:id:Anahara:20210304130814j:image

f:id:Anahara:20210304130828j:image

f:id:Anahara:20210304130841j:image

 

 

 

クリーナーで吹いてゴミを落としても良いんですが、ベアリングの中にゴミが入ってしまう可能性がありますのでクリーナーを使う場合は注意してください。

 

 

 

 

 

 

 

自分はクリーナーは使いません。

 

 

 

 

 

 

 

 

ゴミを綺麗に取ったらベアリングにしろくまモーターオイルのベアリング用を数的垂らします。

 

 

f:id:Anahara:20210304130906j:image

f:id:Anahara:20210304130920j:image

 

 

 

そしてローター下についている緑のOリングを黒のハードタイプに交換します。

 

 

f:id:Anahara:20210304130938j:image

 

 

標準の緑のOリングは少し切れやすく、気がつくと無くなっていてローターのガタが大きくなっている事があります。

 

 

 

 

 

無くなる前に切れにくいハードタイプに交換しておきましょう。

 

 

 

 

f:id:Anahara:20210305201638j:image

こちらです♬ 

 

 

 

その際、Oリングを一番外側にしてあげる事でローターをシャフトに戻す時、シムを落としにくくなりますよ。

 

 

f:id:Anahara:20210304130955j:image

 

 

 

 

因みにこのシムは基本そのままで大丈夫ですが、無くしてしまった場合や細かく調整したい場合は調整用シムセットを使いましょう。

 

 

 

f:id:Anahara:20210304131009j:image

 

 

 

 

ここはほんの少しだけガタがある状態が良いかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Oリングを交換したらローターシャフトのベアリングが通る部分にしろくまオイルのシャフト用を塗っておきます。

 

 

f:id:Anahara:20210304131032j:image

f:id:Anahara:20210304131041j:image

 

このしろくまオイルが効果絶大で、ベアリングとシャフトに塗る事で超スムーズなモーターになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

ここまで出来たら全ての部品を組み直していきます。

 

 

 

 

 

 

 

ローターを缶に入れて、センサーとベアリングの付いている側の蓋をするのですが、少しコツがいります。

 

 

 

 

 

自分はローターの上にセンサーのついた蓋を載せた状態で、缶に一緒に入れていきます。

 

 

f:id:Anahara:20210304131115j:image

 

 

 

 

ちょっと言葉で説明するの難しいのですが、ローターを缶に全部入れてから蓋を閉めると磁力でローターシャフトが中々真ん中に持ってこれず、ベアリングに通すのが難しくなります。

 

 

 

 

 

 

なので先に蓋のベアリングをローターシャフトに通してしまってから一緒に入れるイメージです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

蓋を閉めたら最後に長いビスを締めるのですが、ここで一つ注意点が‼︎

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近の缶は肉抜きの穴が多くビスを思いっきり閉めると歪んでしまう事があります。

 

 

 

 

 

 

 

そこで使うのがトルクレンチ‼︎

 

 

 

 

 

 

これも以前の記事でもしましたね。

 

anahara.rcsports.info

 

 

 

 

 

トルクレンチを使って自分は30cN•mで締めています。

 

 

 

f:id:Anahara:20210304131137j:image

 

 

実はトルクレンチを使う事で缶の歪みを防止するだけでなく、3つのビスを均等な力で締める事で、芯ブレが減り、よりモーターがスムーズに回るようになるんです‼︎

 

 

 

 

 

 

 

トルクレンチ凄いですね〜

 

 

 

 

 

 

 

ビスを均等に締められたら完成です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手で軽く回してみて引っかかりが無いか、シャフトを上下させてほんの少しだけガタがあるかどうかを確認してみてください。

 

 

f:id:Anahara:20210304131151j:image

 

 

これでモーターのあともう一伸びが出るはずです‼︎

 

f:id:Anahara:20210304131206j:image

 

 

たまにはモーターもメンテしてあげてくださいね(^ ^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

凄いぜとりおんバッテリー!

今回は最近バッテリーを新調して気づいた事についてです。

 

 

 

 

 

 

 

新調したバッテリーは前にも紹介しましたがこちらです。

 

 

f:id:Anahara:20210224183256j:image

 

 

とりおんの6250‼︎

 

 

 

 

 

 

 

ずっと使い続けている信頼のとりおんバッテリーです。



 

 

 

 

 

何が凄いのかって?

 

 

 

 

 

 

 

それに気づいたのは去年コロナで全日本が無かったからでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分はいつも1年に1度バッテリーを新調します。

 

 

 

 

 

 

 

そのタイミングがいつも全日本前なんです。

 

 

 

 

 

それが去年は全日本が無かったので完全に新調するタイミングを逃し、ずっと使い続けていました。

 

 

 

 

 

 

自分の場合テストで走行する回数が多いので、多分一般の人よりもバッテリーを使う頻度は高いと思います。

 

 

 

 

 

 

 

しかも去年は製品テストをする機会が多くバッテリーの使用頻度は例年よりもかなり多い回数使用していました。

 

 

 

 

 

 

 

バッテリーはいつも4本で回しているので一日に使う回数もかなり高いです。

 

 

 

 

 

 

 

そしてやっと新調したのでバッテリーのデータを計測してみした。

 

 

 

 

 

 

計測に使ったのはGフォースの大電流放電機‼︎

 

 

 

f:id:Anahara:20210225181845j:image

 

 

 

ちょっと前にバッテリーマネージャーというパソコンで細かく計測できるソフトがリリースされていたのでそれを使って使い込んだ古いバッテリーとの差を計測してみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは約1年半使い続けたバッテリー

 

f:id:Anahara:20210225182202j:image

 

 

 

 

 

そして今回新調したバッテリー

 

 

 

 

f:id:Anahara:20210225182237j:image

 

 

 

放電容量はやはり少し下がっていますね〜

 

 

 

 

 

 

しかしそれ以外は余り変わっていない‼︎

一日に何回も繰り返し使いまくって、それが毎日という日もあったのに劣化がこんなに少ないとは‼︎

 

 

 

 

 

 

 

 

因みに自分が普段やっている17.5Tブーストや13.5Tブーストでは5分走っても7.6Vから7.8Vくらいまでしか落ちません。

 

 

 

 

 

 

なので電圧が7.6Vよりも高い所のデータを見ます。

 

 

 

 

 

 

すると新しいバッテリーは高電圧を維持する時間が若干長いですが、それ以外は殆ど変わりません。

 

 

 

 

 

 

 

実際に走ってみた時の感覚もやはり走り始めのパワー感は新品が少し良く感じるもののそれ以外の所は殆ど変わりませんでした。

 

 

 

 

 

最近安いバッテリーが多く出て来ていますが、多くのバッテリーは新品の時はパワーがあるものの少し使うとパワーが下がってしまうものが多いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

高いバッテリーでもこの傾向があるものは結構あります。

 

 

 

 

すぐ膨らんでしまうものもありますね。

 

 

 

 

 

そんな中、このとりおんバッテリーは1年半余裕で使えました。

 

 

 

 

もちろん全く膨らんでもいません!!

 

 

 

 

 

 

 

 

決して安い部類ではないとりおんバッテリーですが、これだけ長く使えれば安いバッテリーをいっぱい買うよりもコストパフォーマンスも良いのではと思います。

 

 

f:id:Anahara:20210226152821j:image

 

 

お勧めですよ♬

 

 

 

 

 

※この内容は17.5Tブースト、13.5Tブーストで使用の場合です‼︎

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ありそうで無かったを製品にしてみました‼︎

今回はKOPRKPOから発売する新製品のご紹介です。

 

 

 

 

 

 

 

ありそうで無かった、あったら良いな〜

を製品にしてみました。

 

 

 

 

 

 

 

それがこちら

 

 

 

f:id:Anahara:20210221130222j:image

 

 

 

どれだ⁉︎って感じの写真ですが一番手間のボトムケースです‼︎

 

 

 

 

 

 

リバースリードボトムケース(GRASPER2用)‼︎

 

 

 

 

 

要はリード線を反対側から出す為のボトムケースです。

 

 

 

f:id:Anahara:20210221130520j:image

 

 

こんな感じで普通は上から出ているリード線を下から出す事ができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リード線を出す向きを反対にする事で電動ツーリングカー等の配線の取り回しを綺麗に出来ます。

 

 

 

 

f:id:Anahara:20210221130901j:image

 

 

リバースリードボトムケースを装着したGRASPER2を実際電動ツーリングカーに載せるとこんな感じになります。

 

 

 

 

サーボの配線が見えません‼︎

 

 

 

 

f:id:Anahara:20210222122301j:image

 

 

 

 

スッキリしてかっこ良くないですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

サーボの配線は内側を通す事で殆ど見えなくなるのでかなりスッキリします。

 

 

 

 

 

見た目は大事ですよね‼︎

 

 

 

 

 

 

ただそれだけではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このアッパーケース、黒なのでわかりにくいですが、材質はアルミです。

 

 

 

 

 

 

付属の熱伝導シートをFETに貼る事でFETの熱を逃すヒートシンクになるんです!!

 

 

 

f:id:Anahara:20210222132050j:image

 

 

 

 

 

だから表面がギザギザだったんですね〜

 

 

 

 

f:id:Anahara:20210222132112j:image

 

 

 

 

 

見た目と効率のアップの一石二鳥‼︎

 

 

 

 

 

 

 

 

 

半分は自己満足です(笑)

 

 

 

 

 

f:id:Anahara:20210223112700j:image

 

 

 

 

 

今週末より発売開始です‼︎

 

 

 

 

 

 

今回はGRASPER2専用になります。

 

 

 

 

 

是非綺麗な配線を目指してみてください〜(^^)

 

 

 

 

 

 

取り付け方法を動画でも紹介していますので、良かったらこちらもご覧ください。

 

 

www.youtube.com

 

 

 

 

 

スーパーストッククラスレースに出てみた‼︎

さて、スーパーストッククラスの車が出来上がった所で丁度RCスタジアム袖ヶ浦さんの月例レースがあったので出てきました。

 

f:id:Anahara:20210216150758j:image

 

スーパーストッククラスのメカ積みの記事はこちら↓↓↓

 

 

 

 

 

 

 

今回スーラジ大宮店のお客さん達が前日から前乗りするとの事なので自分も便乗して前乗りです。

 

 

 

 

 

 

 

 

しかもレースはストッククラスとのダブルエントリー‼︎

 

 

 

 

 

 

 

忙しくてカツカツになる事間違い無しです(笑)

 

f:id:Anahara:20210216151415j:image

 

 

 

ピットに車は常に2台‼︎

 

 

 

 

 

 

 

間違えそうです(笑)

 

 

 

 

 

 

前日の練習はしばらくストックの車を走らせ、スーパーストックは余裕ぶっこいて余り練習しませんでした。

 



 

 

 

 

そして午後になりとりあえず1パック走らせておこうとスーパーストックの車を走らせてみた所全く走れません‼︎(笑)

 

 

 

 

 

 

 

スロットルのツキに違和感ありすぎです(笑)

しかもバックします(笑)

 

 

 

 

 

 

 

こりゃまずいと思いアンプの設定を変更します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

幸い隣の席の方がセッティングアダプターとパソコンを持っていたのでお借りしました。

ありがとうございますm(_ _)m

 

 

 

 

 

 

設定を読み込んでみます。

 

f:id:Anahara:20210216151932j:image

 

 

まず〜

ランニングモードを前進、ブレーキにします。

レース中バックしちゃったら危ないですからね〜

 

 

 

 

そしてオーバーヒートプロテクト関係は全て無効にします。

 

 

 

 

 

レース中止まっちゃったら嫌ですからね。

ただオーバーヒートすると壊れてしまうという事なのでここは自己責任でお願いします。

 

 

 

 

 

BEC電圧は7.4Vにしてみましたが上がりませんでした。

 

 

 

 

 

このアンプには対応していないみたいです。

 

 

 

 

 

 

次にスロットルコントロールの画面です。

 

f:id:Anahara:20210216152343j:image

 

 

スロットルカーブはとりあえずやり出すとキリがないのでリニアのまま、パンチレートを全てマックスのとても強いに変更です。

 

 

 

 

 

男は黙ってマックスパンチです‼︎(笑)

 

 

 

 

 

1stパンチは少し弱くした方が運転しやすいかもしれないですね。

 

 

 

 

 

ここはまた今度いじってみます。

 

 

 

 

 

 

そして違和感があった1つのポイントはニュートラルレンジでした。

 

 

 

 

 

 

ここの値がデフォルトでは大き過ぎます。

 

 

 

 

 

 

 

 

ここはニュートラルの遊びの幅の事でここが大きいせいで握り始めが全く反応せず途中からいきなり動き始めます。

 

 

 

 

 

自分は一番小さい数値の2にしましたが、もう少し大きい方が運転はしやすいかもしれません。

 

 

 

 

 

デフォルトの79という数値はありえません(笑)

 

 

 

 

 

 

そしてブレーキコントロール

 

f:id:Anahara:20210216153041j:image

 

デフォルトではドラックブレーキが結構入っています。

 

 

 

 

 

 

 

ここが違和感のあったもう一つのポイント。

 

 

 

 

 

スロットルをニュートラルに戻しただけで結構な勢いで車が止まってしまいます。

 

 

 

 

 

 

これとニュートラルレンジの幅の広さが合わさってもの凄い違和感が出てしまっていたんですね。

 

 

 

 

 

 

という事でドラックブレーキを0にします。

 

 

 

 

 

 

他のポイントは変えませんでした。

 

 

 

 

 

 

最後にブースト&ターボ

 

f:id:Anahara:20210216153202j:image

 

ここはいじってはいけません。

いじったら失格になりますよ(笑)

 

 

 

 

 

 

 

ゼロタイミングモードにしっかりチェックを入れておきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

これで設定変更完了です。

 

 

 

 

 

 

 

確認の為に走ってみます。

 

 

 

 

 

 

違和感が無くなり良く走るようになりました‼︎

 

 

 

 

 

 

これなら気持ち良く戦えそうですね〜

 

 

 

 

 

 

ということでアンプの設定変更は絶対にやっておいた方が良いですよ〜

 

 

 

 

 

 

 

良く走るようになったので後は、新品バッテリーの慣らしだけして練習終了です。

 

 

 

 

 

 

そしてレースの朝を迎えます。

 

 

 

 

 

 

エントリー総数は70人オーバー‼︎

 

 

 

 

 

 

これ月例レースですよね?(笑)

 

 

 

 

 

 

練習時間から操縦台は常にいっぱいです‼︎

 

 

f:id:Anahara:20210216182511j:image

 

 

 

中ピットは満員で外にもピットが‼︎

 

 

 

 

f:id:Anahara:20210216182600j:image

 

 

勿論コロナ対策も万全です‼︎

 

 

 

 

 

 

 

ラジコン流行ってますね〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝の練習走行はストッククラスの車のタイヤの慣らしとバッテリーの慣らしだけ行いました。

 

 

 

 

 

 

実は今回ストックのバッテリーを2年ぶりに新調しました‼︎

 

 

f:id:Anahara:20210216182937j:image

 

 

信頼性抜群のとりおんバッテリーです。

 

 

 

 

 

 

今回バッテリーを新調して凄い事に気づいちゃいました‼︎

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とりおんバッテリー凄いです‼︎

 

 

 

 

 

 

何が凄いかはまた別の記事に書きたいと思いますのでお楽しみに〜

 

 

 

 

 

 

絶対買いだと思いますよ‼︎

 

 

 

 

 

 

そしていよいよカツカツダブルエントリーのレースが始まります‼︎

 

 

 

f:id:Anahara:20210216183403j:image

 

 

 

 

練習で車を一回間違えたのは誰にも言ってません(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

予選の組み合わせを見るとなんとスーパーストックとストッククラスで連チャン走行です(汗)

 

 

 

 

 

 

人間が対応しきれるのか?…(笑)

 

 

 

 

 

 

 

そして予選1回目‼︎

 

 

 

 

 

 

 

スーパーストッククラスから始まります。

 

 

 

 

 

 

練習走行はストッククラスしか走らなかったので、同じ感覚で走るとインに入り過ぎます(笑)

 

 

 

 

5回くらいコケて6番手‼︎

 

 

 

 

 

 

その後連チャンのストッククラス、今度はスピード差があり過ぎて1コーナーからオーバーラン(笑)

 

 

 

 

 

 

 

こりゃまずいと思いお弁当を食べて予選2回目は人間集中します!

 

 

 

 

 

 

 

 

そして予選2回目

 

 

 

 

 

 

 

細かいミスはあるもののなんとかまとめてスーパーストッククラスは予選3番手‼︎

 

 

 

 

 

 

続いてストッククラスも上手くまとめて18周に入れたのですが、最後にやっちまいました。

 

 

 

 

 

 

ゴールしたと思って車を止めたらあと1周あったんです(笑)

 

 

 

 

 

 

またしてもネタを提供してしまいました(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしていよいよ決勝です!

 

 

 

 

 

 

まずは勝ち上がりをかけたストッククラスBメインから、

 

 

 

 

 

 

スタートの混乱に巻き込まれて一瞬で終了です(笑)

 

 

 

 

 

 

まぁこれでスーパーストッククラスに集中できる‼︎(笑)

 

 

 

 

 

 

そして今回大注目のスーパーストッククラスAメイン決勝が始まります‼︎

 

 

 

 

 

 

綺麗なスタートが決まり1コーナーでアウトに膨らんだ前の車をパスして2番手に上がります。

 

 

 

 

 

しかし自分も膨らんで2台にパスされ4番手に。

 

 

 

 

 

その後、前の車がミスった所を追い抜き3番手に。

 

 

 

 

 

 

更に前のもう1台も抜き返し2番手まで戻ります。

 

 

 

 

 

 

しばらくこの順位のままレースが続きますが後続車は直ぐ後ろから来ているので気が抜けません。

 

 

 

 

 

 

気は抜いていないつもりでしたがいつものゴロンチョやっちゃいました。

 

 

 

 

 

 

しかもバッテリー抑えのビスが緩んでいたらしくバッテリーが外に出てきてしまいました(笑)

 

 

 

 

 

そんなこんなで一気にゴボウ抜きされて6番手まで落ち、バッテリーを引きずったままゴールです(笑)

 

 

 

 

このクラスでもしっかり落ちを作る形となりました(笑)

 

 

 

 

 

いや〜でも常にサイドバイサイドで順位が目まぐるしく入れ替わる展開は超楽しいですね‼︎

 

 

 

 

 

 

 

 

 

個人的感想としてまずこのスピード域とグリップするタイヤ、ダウンフォースの強いハイエンドボディーという組み合わせが絶妙で、簡単にサイドバイサイドのバトルが出来るという所が超楽しいです。

 

 

 

 

 

運転がどのカテゴリーよりも楽なんですよね。

 

 

 

 

 

 

実際レースではあらゆる所でバトルが行われていて、ワンミスで順位が大きく変わってしまう程差がありませんでした。

 

 

 

 

 

 

そしてパワーソースがイコールという手軽さ。

 

 

 

 

 

ここも差が無いレースが出来た大きなポイントだと思います。

 

 

 

 

 

しかも安い‼︎

 

 

 

 

 

タミグラ、タミチャレ等からのステップアップにはもってこいだと思います。

 

 

 

 

 

 

ここから更にステップアップするのもシャーシ、ボディー、タイヤが同じなので楽かと思います。

 

 

 

 

 

 

これは流行りますね‼︎

 

 

 

 

 

スピキンスーパーストッククラス‼︎

 

 

 

 

 

是非参加してみてください(^^)