My RC Style!

ラジコン競技の魅力をお伝えします!

ターンバックルの使い分け

今回はターンバックルの使い分けについてです。

 

f:id:Anahara:20210105170400j:image

 

使い分け??

と思われる方も多いかと思いますが、ターンバックルの材質で車の動きは結構変わるんです。

 

 

 

自分は純正品とAXONのFUSHIN AUL TURNBUCKLEを使い分けています。

 

f:id:Anahara:20210105170657p:image

 

 

これら2つはどちらもアルミ製なのですが、同じアルミでも硬さが全然違うんです。

 

 

まず純正品は柔らかめです。

 

 

 

ターンバックルの材質が柔らかいと適度なしなりで力の逃げが生じ、車が丸く曲がるようになります。

 

 

 

運転は楽になる方向ですね。

 

 

 

これはハイグリップなカーペットコースや屋内アスァルトコースに有効です。

 

 

 

カーペット仕様のアルミシャーシカーには純正ターンバックルを使っています。

 

f:id:Anahara:20210105171516j:image

f:id:Anahara:20210105171553j:image

 

何かつのが生えていますね〜

これに関してはまた今度(笑)

 

 

路面グリップが高くて車がグキグキ動き過ぎて運転が難しくなり易いシチュエーションの時にお勧めです。

 

 

 

逆に余りグリップの高くない屋外アスファルトコース等では少し物足りない事も。

 

 

 

そんな時に威力を発揮するのがAXONのFUSHIN AUL TURNBUCKLEです!

 

f:id:Anahara:20210106124200j:image

 

このターンバックルは同じアルミ製でもかなり硬いんです。

 

 

 

アルミの軽さと鉄のような硬さを両方持ち合わせた優れ物です。

 

f:id:Anahara:20210107124515j:image

 

軽いのに硬い‼︎

 

です。

 

 

軽さによる軽快感はそのままに硬く力が逃げない分バキバキ曲がってきます。

 

 

 

タイヤの面圧も上がるのでグリップ感も上がります。

 

 

 

同じアルミのターンバックルで本当にそこまで変わるの〜?

 

 

 

って思うかもしれませんが付け替えて走り比べてもらえれば絶対に分かると思います。

 

f:id:Anahara:20210107124313j:image

 

是非自分の好みの動きになるターンバックルを見つけてみてください(^^)