My RC Style!

ラジコン競技の魅力をお伝えします!

セッティングに時間のとれない遠征レースに向けて!!

 

 

今年のスピキン開幕戦前から再びやり始めたリヤトーコントロールシステム。

 

 

 

 

f:id:Anahara:20210604184134j:image

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 

袖スタやコーナーの小さいコースでは大分良く曲がるようになり熟成してきた感があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

スピキンスーパーストッククラスも勝てましたしね♬

 

 

 

 

 

f:id:Anahara:20210605194258j:image

 

 

 

 

 

ただ前回スピキンのNEXTサーキットのような高速サーキット&角度の付いたゼブラのあるコースでは不安定になるという事もよく分かりました。

 

 

 

 

 

f:id:Anahara:20210605194345j:image

 

 

 

 

 

またやはりどうしても車が前に出る感は無くなります。

 

 

 

 

 

 

 

今、目指しているセットは遠征レースでも通用するどんなコースでも置くだけでよく走るバランスの取れたセット。

 

 

 

 

 

 

 

 

そろそろまた新たなセッティングの道を考えないとと思っています。

 

 

 

 

  

 

 

 

 

スピキン遠征で毎回ゼロからセッティングしていたのでは時間が足りませんからね。

 

 

 

 

 

 

 

 

速さはあるけどどうしてもコースによって不安定な部分が出てきてしまうとりリヤトーコントロールシステムはとりあえず一旦終了です。

 

 

 

 

 

 

 

最近京商チームメイトのコータが復活してくれ、丸ちゃんも電動を積極的にやってくれるので色々と車の情報交換が出来るようになってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

去年はずっと京商ひとりぼっちでしたからね(涙)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなコータはニュートラルな特性の車を好むドライバーです。

 

 

 

 

 

 

 

 

因みに丸ちゃんは自分とセットの方向性が似ているんですよね〜

 

 

 

 

 

 

 

最近のコータセットは去年まで自分がやっていたセットと近いセットでした。

 

 

 

 

f:id:Anahara:20210604184759j:image

 

 

 

 

 

そして袖スタレースの後にコータの車をちょっとやらせてもてらうと凄くニュートラルで運転しやすい‼︎

 

 

 

 

 

 

 

やっぱこれだよな〜と思った瞬間でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

最近の自分の車はタイム重視で決して運転のしやすい車ではなかったんですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1人でやっていると色々と気づかない事がありますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

という事で遠征レースに向けてまたオーソドックスなセットに戻ってみる事にしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんかグルグル回っているんじゃないかって?

 

 

 

 

 

 

 

 

これもまた勉強です‼︎

 

 

 

 

 

 

 

 

自分は全部やってみないと納得しないタイプなので‼︎

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

製品開発も納得しなかったら何度でも同じことを繰り返しテストします。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして新しくこの方式を取り入れました。

 

 

 

 

f:id:Anahara:20210604184040j:image

 

 

 

 

 

最近流行りのボディーマウントを後に出す方式です。

 

 

 

 

 

 

後ろから車をぶつけた時のリスクが怖くて今迄とやっていなかったのですが、ちょっとテストしてみたら全然こっちの方が良いじゃん‼︎

 

 

 

 

 

ってなっちゃいました(笑)

 

 

 

 

 

 

という事でスピキンIFS&TMサーキットと遠征に向けてオーソドックスセット+αにチェンジ‼︎

 

 

 

 

 

 

 

新しいボディーも試してみないとですね♬

 

 

↓↓良かったらこちらをポチッとして頂けると嬉しいです♬

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村