My RC Style!

ラジコン競技の魅力をお伝えします!

TwisterをJMレギュに通すには?

今流行りのYURUGIXから出ているTwisterですが、普通に載せるとJMRCAレギュレーションに通らないの知ってます?

 

 

f:id:Anahara:20210108150508j:image


普通に載せると以下の2つのレギュレーションのどちらかに引っかかってしまいます。

 

 

4 ボディ下部のカットラインは、サイドドアの下限線を残す。また後部のカットは、車両全備静止状態で地上 45mm 以下とする(車体を高さ 15mm のブロックの上に水平に置いた状態で測定)。

14-2-6 全 高
車両全備静止状態でボディのルーフ (天井部の加工などは認められない) は、車体を高さ15mm のブロッ クの上に水平に置いた状態で測定し、地上から 125mm 以上であること。エアーインテークなどはルーフには含まない。ルーフの高測定点 (最も高い位置) にステッカー、デカールを貼ってはならない。

 

 

 

これら両方のレギュレーションを通す為にはボディーを前出しするしかありません。

 

 

 

標準位置から6mmから8mmボディーを前に出せば2つの条件をクリヤー出来るようになります。

 

 

自分は確実にレギュを通す為に8mm前に出しています。

 

f:id:Anahara:20210107164520j:image

 

フロントホイルアーチの中にある線の一番後ろにタイヤの中心位置を合わせます。

 

 

 

 

ボディーの前出し基準はフロントで決めます。

 

 

 

 

それに合わせてリヤーのホイールアーチの中心を合わせるとこんな感じです。

f:id:Anahara:20210107164458j:image

 

ボディーを前に出す事でフロントの高さを若干上げられ、逆にリヤの高さは若干下げられるので、ルーフとリヤのカットラインの両方をレギュレーションに合わせられるようになります。

 

 

 

 

因みにリヤのカットラインは標準位置ではなく、折り曲がっている所ギリギリで直線を引き切ります。

 

 

f:id:Anahara:20210107165206j:image

 

こんな感じです。

 

 

 

標準カットラインで切ってしまうと何をやってもレギュレーション通らないボディーになってしまうので注意です。

 

 

 

それではレギュレーション確認してみましょう。

 

 

 

 

まず15mmのブロックは無いので車高を5mmに合わせます。

 

f:id:Anahara:20210107172449j:image

 

この状態で後部のカットラインのが地上35mm以下、ルーフの高さが115mm以下になれば良いわけです。

 

 

 

 

15mmのブロックより10mm低い位置で計測しているのでそれぞれのレギュの値から10引けば良いんですね。

 

 

 

 

リヤのカットライン

f:id:Anahara:20210107172830j:image

 

 

 

 

ルーフの高さ

f:id:Anahara:20210107172855j:image

 

どちらもOKです‼︎

 

 

これでTwisterで全日本選手権出れます‼︎

 

 

 

全日本出ない人には全く関係ないネタです(笑)

 

 

 

正直自分もボディーの前出し好きじゃないんですよね〜

 

 

 

カッコ悪いし(^^;;

 

 

 

因みにTwisterスペシャルなら前出ししなくて大丈夫なようです。

 

 

スペシャル使おうかなぁ〜⁉︎